2010年11月04日

カラダ国細胞市の住人

コメントのレスはブログにお邪魔させていただきますので、URLを
お残し下さいませねかわいい

今日もご訪問、ありがとうございまするんるん

banner_03.gif にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 

簡単・おいしい!ローフードレシピ50



文化の日、いかがお過ごしでしたか?

関東地方はいいお天気でしたねぇ。絶好の行楽日和でした。

昨日は日本総合医学会の東京大講演会(タイトルがなんともいい感じでしょ?)に
参加してきました。

小児科医の真弓定夫先生、それから奇跡のリンゴの木村さんをはじめ
その道のプロの方のお話を1日10時半から6時まで。

いやぁ、濃厚な時間でしたね。

感想は次回に。



さてさて、エネルギーとは物を変化させる力。

気と言うと日本人はなじみがありますね。


そのエネルギーはどこで作られているか?

カラダに必要な変化させる力は、カラダの中で作られます。


そうです、理科の時間に習いました。

細胞にあるミトコンドリア、でした。

エネルギー発電所と言いかえられるでしょうか。


ミトコンドリアについて、ちょっと説明しましょうか。


ミトコンドリア

・住所 カラダ国細胞市

・人口? 1細胞市に100〜3000個

・特技 エネルギーを作ること

・生まれ 不明 一説では進化の過程で人間に寄生した別の生き物とも


あたりまえですが、ミトコンドリアの数が多ければエネルギーもたくさん作られます。

たくさんのエネルギーがあれば、さまざまなことができますね。


例えば、あなたの手元に100円あります。

これで出きることと

手元に100万円あったときとでは、出きることに差がありますよね。

100万円あれば、旅行にも行けるし勉強も、寄付もその他出きます。
100円では残念ですがやりたくてもできません。


やりたいことと出きることの違い。

これがカラダの中にも起こっているのです。

十分なエネルギーがあれば、内臓を保ち、それから肌の代謝だって
よくしてくれる。

一方、少ないエネルギーであれば、肌のメンテなんて到底できないでしょう。


さて、十分なエネルギーを作ってもらうには何をしよう?

ここが実年齢からマイナスできるポイントの一つでもあります。

それではまた、次回に。





最後までありがとうございました。
よかったら下記クリック、してくださいねるんるん
  ↓
banner_03.gif 
posted by けいみぃ@セミ・ベジ at 14:36| Comment(2) | TrackBack(0) | カラダ株式会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本総合医学会の東京大講演会、
10時半から6時までの講演とは実に濃厚ですね 
感想が楽しみです

そしてミトコンドリアの話も期待できそう
最近、癌細胞とお付き合いしていますが、
この細胞にちよっと興味があります

それからおすぎさん何とかうまくいきそうです
ご心配ありがとうございました
Posted by 今生 at 2010年11月05日 13:52
けいみぃさん、こんばんは!

肌のメンテの分もまかなえる
十分なエネルギーをつくるしくみが
とても気になりました♪

いつもありがとうございます凸凸
Posted by やまゆり at 2010年11月05日 22:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。