2011年10月28日

あきらめる前に

コメントのレスはブログにお邪魔しますので、URLをお残し下さいねかわいい

今日もご訪問、ありがとうございまするんるん

banner_03.gif にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 


お酒とローフードのデモクラス

ワイン・・・マビィさんオーガニックワイン と ローフード

日本酒・・・金曜の夜でゆるりゆるり と 和素材ローフード


天高く馬こゆる秋 との通り良いお天気。

久しぶりに土曜日は晴れる予報です。お出かけによい1日になりそうです。



エネルギーが作れるカラダが大人的きれいの基本。


年とともにエネルギー生産が落ちていく、何もせずにあきらめてしまえば。


けれども、あきらめなければ道は見つかるのは世の常。

エネルギーを作り出せるカラダにシフトすることだって可能なわけです。


エネルギー生産においてポイントが2つあります。


エネルギーを作っているミトコンドリア



その過程で生産されてしまう活性酸素。


主にエネルギーはミトコンドリアで作られますね。生物で習いました。

ミトコンドリア君はエネルギー生産に食べ物と酸素が必要。

酸素を使うことによって、カラダを維持できるほど多量のエネルギーを
生産できます。


それではたくさんのエネルギーを作るためにはどうしましょう?


一つは数。


ミトコンドリア君が100より1000あったほうが、単純にエネルギーの
量が増えます。

年を取ると数が減ってしまうのですよ。


なぜ? 老化したから?


いえ、それだけではありません。

同年齢でも存在するミトコンドリアの量は違います。


どうして違うか?


カラダは合理的。

だからエネルギーは必要な分だけしか作らないの。


もし、あなたが「も〜、何もしたくない〜」とずっと寝てばかりいたら

「あれ? この人、エネルギーはそんなに必要ないんだね」

と、ミトコンドリアの数を減らしてしまいます。

そしてエネルギー生産も減る。

減るからやる気が起こらないくて、もっと休む。

そすると・・・・

の悪循環がスタートします。


まずエネルギーを増やすにはミトコンドリアの量が必要。

そして次は、質です。


それまた次回に。










posted by けいみぃ@セミ・ベジ at 14:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ栄養知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。