2012年01月23日

おいしい!意味をつかめると


コメントのレスはブログにお邪魔しますので、URLをお残し下さいねかわいい

今日もご訪問、ありがとうございまするんるん

banner_03.gif にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 


お酒とローフードのデモクラス

ワイン・・・マビィさんオーガニックワイン と ローフード

■ ローフード体験会・・・1月26日、2月13日

詳細はHPにて!


甘い、辛い、塩っぱいなどの味覚はありますが

「おいしい」という味覚はありません。

おいしいはそれぞれの過去の出来事や思い入れなど
さまざまな要因があって感じる感覚です。

合宿の後、みんなで食べたラーメンは美味しかった

運動会のお昼のおにぎりの味が忘れられない

などなど、人それぞれ思い出のおいしい味があるでしょう。



さて、記憶の他においしいと感じる要因があります。

あなたは何かを食べたら途端に元気になった経験はありませんか?

落ち込んだら食べたくなる食べ物、思い出す料理など。


私も経験があります。

なんだかテンションが上がらないなあ、とダウン気味の時に
自分で作った根野菜のマーボー豆腐とサラダに五目煮、ごはん。

食べたらおいしい、としみじみ感じてしみこんでくる。

ほっと人心地ついた感覚でした。


体の面から考えると、不足している栄養が含まれている
お料理をおいしいと思うのです。

私の場合は外食が続くと、気持ちが落ち込みやすい。

そんな時はごはんと野菜料理を作って食べると落ち着きます。

自分で作ることは、食材選びの段階から食べたいものを
自分で選べるのでおいしいもの、つまり体が必要なものを
より正確に作れますね。

おいしいと思えるものは、あなたを回復させる力のある食べ物です。


何がおいしいか、疲れたときほど味わって食事してみましょうね。






posted by けいみぃ@セミ・ベジ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ミニ栄養知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。