2012年03月08日

シンプルな軸


コメントのレスはブログにお邪魔しますので、URLをお残し下さいねかわいい

今日もご訪問、ありがとうございまするんるん

banner_03.gif にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 


お酒とローフードのデモクラス

ワイン・・・マビィさんオーガニックワイン と ローフード

■ ローフードトレーニングクラス・・・4月スタート★


詳細はHPにて!


野菜を食べよう、と言われる昨今。

体に野菜がいい、果物がいい。

もちろん、それは真理です。

今の日本人は野菜や果物よりもお肉や乳製品が多い食事内容ですから。

そうすると、今度はもっと細かくしたくなるのです。

何を何十グラム食べたりいいのかな?

この野菜にはビタミンがどれくらい含まれているのかな?


細かいことになると、わけがわからなくなっちゃいます。

そしてどうでもよくなったりしちゃいます。


細かいことを見れば見るほど、どうしていいかわからなくなるので
軸をつくるともっと楽に考えられます。


私が軸にしていることの一つに

「日本人であること&日本に住んでいること」

があります。


食事とは「そこにあるものを食べる」から始まっているので

(まさか江戸時代にフランスさんのナチュラルチーズを常食している人は
 いなかったと思います)

日本に住んでいるからには日本でとれるものを食べる、は基本だと
思っています。


例えば、砂漠に住んでいる人たちは野菜を食べません。

と言うよりも雨が少なくて野菜が食べられないのです。


またアラスカに住むイヌイットの人たちは、零下40℃の世界では
穀物も野菜も採れないので生肉で一生を過ごします。

それでも健康を保っているし、子孫も残している。

もし野菜を食べることだけに視点がいっていたら
不思議な感じがしますね。

でもきちんとバランスが取れている。


その共通点はなにかと考えると

「地産地消」や「土産土法」


その土地で季節にとれたものを食べること

または

たくさんとれるものはたくさん食べて、あまりとれないものは
あまり食べない。

というシンプルな軸です。

伝統食とはこの軸で培われてきました。


食習慣を考える時に参考の軸として土産土法をお勧めします。

何を選ぶか楽になりますから。





posted by けいみぃ@セミ・ベジ at 22:33| Comment(1) | TrackBack(0) | ミニ栄養知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの恐ろしい震災から1年が過ぎようとしています
3月11日は震災で亡くなった方々にあらためて哀悼の意を捧げたいと思います
このような災害はいつ我が身起こるかしれませんので日頃からいざといことに
備える必要性を改めて教えて頂いたことに感謝し
今なお震災でご苦労をされている方々の1日も早い復興をお祈りしましょう
Posted by 今生 at 2012年03月09日 11:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。