2012年06月13日

彼女は良い人でした 2


コメントのレスはブログにお邪魔しますので、URLをお残し下さいねかわいい

今日もご訪問、ありがとうございまするんるん

banner_03.gif にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 


お酒とローフードのデモクラス

ワイン・・・マビィさんオーガニックワイン と ローフード


-----------------------------------------------------------------------


「ばっかな王様のせい」で、仕事に対して人数が多すぎるという
大混乱がおこっているカラダ王国。


仕事にあぶれた糖子たちは暇を持て余す。


ふと横切る、なんとはなしの不安。

嫌な予感は結構あたるのは世の常である。



糖子たちはランチを食べにパブへ。

(イギリスの夏のパブは素敵!
 ロンドンオリンピックに行く方はぜひパブへ!」


「パブランチセット、あとビールもね」

「あたしはサイダー。強いほうにして」

とオーダーし終わった後はおしゃべりタイム。


「ほんと、王様ってばっっかよね〜」

「あたしたちが仕事にあぶれたら、王国がどうなるか
 知らないんじゃない?」

「こっちは仕事なし、王様は・・・」

「どうなる?ふふ・・」

「さあねぇ、自業自得なんじゃない?」


と奥歯にものがはさまったような感もあるが、愚痴大会になっていく。


糖子たちはアルコールも入り、おかわりもし、
だんだんとハイテンションになっていく!

抑えの聞かない酔っぱらいほど質の悪いものはないと思いません?


「だいたい、世の中間違っている!」

「政治はなっていないし!」

あ〜あ、人のことをなじる前に自分のことをしようよ、と
言っても聞かない、聞くわけがない。


と、突然

「こんな店、壊してやる!!」


ガラガラガッシャ〜ン!

テーブルを星一徹のように勢い良くひっくり返す糖子A。


「ガラスがあると息苦しい!」

ベリベリバキュン〜と糖子B。


ど、どうしたのだろう?

彼女たちは決して変な子ではない。

むしろ真面目でしっかりものだったはず。

なのに不良少女に変わってしまった。



なぜ?



パブの名前は「パブ タンパク」

ここで出されるものはタンパク質でできている。

暇な糖化たちはタンパク質と結びついてしまったため

「AGE」なるカラダ王国の不良となってしまったのだった!


王様はまだ知らない。

不良が増え続けていることを。

そしてこれから起こるであろう何かを。


元糖子、今AGEはパブをでて行った。

「あばれてやる〜」

と一言残して・・・


さて、どんなふうに暴れるつもりなのだろう?

続く・・・


posted by けいみぃ@セミ・ベジ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | カラダ株式会社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。