2012年08月06日

お菓子上手になる3つのコツとは?


コメントのレスはブログにお邪魔しますので、URLをお残し下さいねかわいい

今日もご訪問、ありがとうございまするんるん

banner_03.gif にほんブログ村 料理ブログ ローフードへ 


ワイン・・・マビィさんオーガニックワイン と ローフード


優しいお菓子を作りたい方へのご案内

笹生が学んできたお菓子のことをお伝えしたい!コース


-----------------------------------------------------------------------

先週末は各地で花火大会が催されたようですね。

近くにある東京ドイツ村でも市民花火大会がありました。

個々の特徴は山花火。

芝生に寝転がって見ることができます。

敷地が広いので、場所取りも必要なく、寝てみると花火が
降ってくる感じがするのですよ。

今年も友人達と花火を堪能してきました。


さて、お菓子を作るにあたっての3つのコツ。

心得といってもいいでしょうか。

これを抑えたら、成功の確率が上がるポイントです。



1 材料の知識を得ること

レシピ通りに作っていくのが普通ですが、もう一段上を目指すなら
材料の知識を得ることが大事。

例えばなぜお菓子には薄力粉を、パンには強力粉を使うのか?の
理由がわかれば、粉の扱い方がわかります。

更に言えば、失敗した時に原因がわかりやすくなります。

そしてレシピに書かれてある言葉の真意をつかみ事ができるのです。


2 オーブンのクセを知る

レシピの焼き時間はレシピ製作者が使っているオーブンの時間です。

レシピ通りに焼いたとしても、焼きが足りない、逆に焼きすぎも
起こります。

自分の使うオーブンのクセを掴んで、調節します。


3 お菓子は化学反応だと心する

加熱が入るお菓子は化学反応の世界です。

その点、お料理やローフードのお菓子は途中で味の調節もできますし
材料を足すこともできます。

しかし、焼き菓子は甘くありません。

オーブンに入れてしまったら、あとは待つしかないのです。

そのために必要なのは計量をきちんとすること。

特に計量スプーンを使う場合は人によって、計量の量が微妙に違ってきます。

きちんとすり切りで計ることを守ります。


以上は基本的な心得ですが、それでも失敗するときはします。

その場合は、他のお菓子に移るのではなく何度もチャレンジしましょう。

一つのお菓子があるレベルに達すると、視界がばあっと広がり
それは他のお菓子を作るときにも生きてきます。

まずは3つ。

意識してみてください。

posted by けいみぃ@セミ・ベジ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。